このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタルとの相違点

レンタルという言葉は、すでにお馴染みのものでしょう。
かつては、ビデオが代表的なものであり、今では、DVDあるいはブルーレイとなっています。
また、レンタル衣装などは、正装着を持っていない人にとっては、使いでのあるサービスでしょう。
しかし、バスにおいては、少々戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
つまり、レンタルバスがあれば、貸切バスもあるからです。
レンタルも、貸すという意味があるため、少々混乱してしまいます。
そうは言っても、レンタルバスと貸切バスの間には、明確な違いがあるようです。
まず、レンタルバスは、利用者そのものが借りるものです。
すなわち、運転も利用者が行い、目的地も利用者が決めます。
しかも、利用が終われば、自分で返却するようになります。
言うなれば、レンタカーと同様なものとなっています。
けれども、貸切バスは、バス会社の関係者が同乗します。
ドライバーもバス会社の人が行い、場合によっては、添乗員も同乗するようです。
要するには、一定時間あるいは期間の間、何らかの目的のために、バスを専用で動かしてもらうということです。
プロが運営しているため、安心感を得られるとのことです。
このため、修学旅行などで、教員などが運転できると言っても、レンタルバスを使わずに、貸切バスを使うのは、そちらの方が、効率的であることも関係しています。
今では、様々な目的にあった貸切バスがあるようです。
もしかしたら、えっこんなことにも、と思うこともあるのかもしれません。

旅行・バス、このWEBサイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017ラクラク!貸し切りバスに乗ってみよう!.All rights reserved.